読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道でしみじみと

人生の後半を流されるまま

春の吹雪

冬の間の運動不足を取り戻したくて1日1万歩歩くのを目指しているけど、まだ風が冷たくてなかなか達成が難しいです。札幌駅からすすきのまで地下街往復とかすると意外とあっさり達成できるのに。

 
今日も1万歩に挑戦しつつ、ランチしようと、タイカレーのお店を目指したのですが途中から吹雪になるというすごい天気でした。
でもお目当の鯖グリーンカレーはアツアツで美味しかったです。今度鯖の水煮缶で作ってみようと思います。陳皮的な柑橘がほんの少し入っていて、そこが良かったので忘れずに。
結局ランチしてすぐに帰ったので、目標の半分位しか歩けませんでした。明日は頑張ろう。
 
帰り道、昔観た映画『春の雪』を思いだして、映画の雪は何だか優雅で静かだったのに、現実は随分違うものだと可笑しくなりました。竹内さんの着物とか鮮やかで綺麗だったな。
映画が面白かったので、原作の文庫本を買って読んだりしてたら、職場に四部作持っていた先輩がいて残り三冊を貸してくださったり。でもそれを読み進めると、最終的にどんどんおかしな話になっていった気がしたのは、自分の理解力の無さが原因だったのかしら。今読んだらもう少し理解できるのかなぁ。最後はちんぷんかんぷんだった。
その先輩からは不道徳教育講座も借りたみたいだけど、全く覚えてないです。今思うと先輩は三島由紀夫のファンだったのかな。ものすご〜く失礼で馬鹿な感想を伝えたような気がします。恥ずかしい…。でも私が馬鹿なことは先輩も気づいていたでしょう。

 

https://www.instagram.com/p/BEDZQjbpwvX/

まだまだ寂しい枝。彩りが欲しいので、昨年の写真と並べて。

花咲か爺さん、どんどん咲かせてくださいね。来月楽しみにしてます。